ページ上部に戻る

〒980-0011
仙台市青葉区上杉1-1-20
TEL 022-263-0566(代表)
受付時間9:00~17:00
(土日祝日及び年末年始12/29〜1/3を除く)

本サイトのコンテンツは、音声ブラウザでの読み上げに対応しています。

文字サイズ
標準
背景色

新着情報・お知らせ

新着情報・お知らせ

新着情報・お知らせ

【E45】三陸自動車道 むすび丸春日パーキングエリア(下り線)で縄文時代の装飾品「貝輪・貝の装身具」を展示中です。

 E45三陸自動車道 むすび丸春日パーキングエリア(下り線)にある文化財展示室では,東松島市・奥松島縄文村歴史資料館の協力を得て,令和2年1月9日から縄文時代の貝輪・貝の装身具を展示中です。
 
 この貝輪・貝の装身具は,松島湾に浮かぶ最大の島・宮戸島にある里浜貝塚から出土したものです。里浜貝塚は,縄文時代前期(約6800年前)から弥生時代中期にかけての集落跡で,その規模(日本最大級(東西約640m,南北約200m))などから,松島湾沿岸地域の拠点的集落のひとつであったと推定されており,国史跡にも指定されています。
 
 今回展示している「貝輪・貝の装身具」については,縄文時代の女性に流行した高級アクセサリーの一つで,今回の展示では,当時全国的に流行していた「ベンケイガイ」製の貝輪のほか,地元産の貝である「アカガイ」製の貝輪や伊豆諸島や南西諸島でしかとれない貴重な貝「オオツタノハ」製の装身具などを展示しております。
 
 E45三陸自動車道 むすび丸春日パーキングエリア(下り線)にお越しの際は,ぜひ文化財展示室へも足をお運びいただき,当時の人々の生活に思いをはせてみませんか(入場無料 開館時間:7:00-21:00 年中無休)。

20200109higamatsu.jpg

 ●本展示品に関するお問い合わせ 
  奥松島縄文村歴史資料館
  電話番号:0225-88-3927
  住所:宮城県東松島市宮戸字里81-18
  (E45三陸自動車道・鳴瀬奥松島インターチェンジから約20分)
  営業時間:午前9時から午後4時30分まで
  休館日:水曜日,年末年始
  URL http://www.satohama-jomon.jp/index.html