ページタイトル
より良い道路環境を目指して
宮城県道路公社では,より良い道路環境を目指して,通行車両による騒音,振動及び排気ガス等がもたらす周辺環境への影響を,様々な方法で軽減するよう努めています。
その一例を御紹介します。

排水性舗装

排水性舗装とは,これまでの舗装よりも空隙(すきま)が多い舗装のことで,すきまが多いことで,道路表面に水が溜まりにくいうえ,早く排水することができることから,雨天時の走行性が向上し,また,泥はねが減少することから前方視認性が向上します。
加えて,タイヤと道路表面とが接することによる騒音が,すきまに吸収され,騒音の減少も期待できます。
なお,当公社の管理する道路では,全線で排水性舗装を使用しています。
排水性舗装 排水の仕組み

図:排水性舗装 排水の仕組み

排水性舗装 吸音の仕組み

図:排水性舗装 騒音軽減の仕組み

防音壁

道路を通行する車によって生じる騒音を,物理的に軽減します。また, 高架橋の場合は,積載物が高架橋下を通る道路等に落下することを防ぐ役割も果たします。
当公社では,仙台松島道路において住宅地に近接する箇所などに設置しています。

橋のノージョイント化

橋の桁(けた)と桁を結ぶ「ジョイント」からの騒音・振動の発生を軽減するため、連続桁を多く採用しノージョイントの区間を長くして、騒音・振動を軽減します。
仙台松島道路の長大橋はすべて連続桁を採用しています。

ETC〔電子料金収受システム(Electronic Toll Collection System)〕の導入

料金支払いのための停車や発信を繰り返すことがなくなりますので,料金所付近の騒音や排気ガスが軽減され,周辺環境の改善にも貢献します。料金支払を末間,支払中の間のアイドリングによる排気ガスの軽減にともない,地球温暖化の抑止にもつながります。
公社では全てのインターチェンジにETCシステムが導入されています。
ETCイメージ