ページタイトル
公社概要

1 宮城県道路公社の概要

宮城県道路公社は,宮城県の区域及びその周辺において,その通行又は利用について料金を徴収することができる道路の建設・管理を総合的かつ効率的に行うこと等により,県内における地方的な幹線道路の整備を促進して交通の円滑化を図り,もって住民の福祉の増進と産業経済の発展に寄与することを目的として,昭和47年4月,地方道路公社法(昭和45年法律第82号)に基づき,宮城県により建設大臣(現国土交通大臣)の認可を受けて出資・設立された特別法人です。

2 宮城県道路公社役員名簿(平成29年4月1日現在)

理 事 長小野寺 好男
常務理事秋山 政己
常務理事石澤 秀春
理  事櫻井 雅之宮城県土木部長
理  事佐藤 廣嗣
監  事大内 仁
監  事大野 一裕公認会計士 税理士

3 宮城県道路公社の組織

 

4 経営ビジョン・中期経営計画(平成28年5月28日策定)

宮城県道路公社は,宮城県の区域及びその周辺の地域において,その通行又は利用について料金を徴収することができる道路の新設,改築,維持,修繕その他の管理を総合的かつ効率的に行うこと等により,地方的な幹線道路の整備を促進して交通の円滑化を図り,もって住民の福祉の増進と産業経済の発展に寄与することを目的として,昭和47年4月に設立されました。

設立から今日まで,石巻市の牧山有料道路(牧山トンネル:無料開放),石巻河口橋(日和大橋有料道路:無料開放),東北自動車道と仙台東部道路を結ぶ仙台南部道路(東日本高速道路株式会社へ移管),三陸自動車道の一部を構成する仙台松島道路の4路線を建設したほか,塩竃市と利府町を結ぶしおりふれあいトンネルの建設を行いました。現在は,仙台松島道路の管理及び宮城県が行っている事業の一部を受託し,高規格道路の建設を行っております。

平成27年3月,仙台松島道路の建設事業が完了したことから,これを機会として,公社の経営理念,経営目標そして将来計画について「経営ビジョン・中期経営計画」としてとりまとめました。今後は,この「経営ビジョン・中期経営計画」に基づき経営を進めてまいります。

経営ビジョン
 

 

5 その他宮城県道路公社に関する情報の入手

財務状況について

左記「財務情報」バナーをクリックしてください。

宮城県公社等外郭団体改革計画

宮城県「公社等外郭団体に関する取組について」(http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/gyokei/kousya-top.html)

宮城県道路公社が保有する文書についての開示請求

宮城県あて「電子メール」による請求
宮城県総務部県政情報公開室http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/jyohokokai/seikyu-mail.html)

「宮城県電子申請システム」による請求
みやぎ電子申請サービス(http://www.shinsei.elg-front.jp/miyagi/navi/procInfo.do?govCode=4000&procCode=668730)