ページタイトル
仙台松島道路

 仙台湾沿岸地域の産業経済の発展に伴い,本県の動脈である国道4号をはじめ,国道6号,国道45号等の主要幹線道路の交通量は飽和状態に達しています。また,東日本大震災を契機に,仙台湾沿岸地域の高規格幹線道路として三陸縦貫自動車道の建設が急ピッチで進められています。
 
 仙台松島道路は,三陸縦貫自動車道(仙台市(仙台港北IC)から宮古市までの全長220km)のうち,利府中ICから鳴瀬奥松島ICまでの全長18.3kmの区間です。
 Ⅰ期は,昭和54年12月に着工,昭和57年9月に完成しました。
 Ⅱ期は,昭和57年8月に着工,昭和61年9月に一部を完成,昭和62年3月に全部を完成しました。
 Ⅲ期は,昭和63年8月に着工,平成5年3月に完成しました。
 Ⅳ期は,平成7年11月に着工,平成9年3月に完成しました。
 平成16年2月24日にはETC化に対応してICカードリーダーの運用を開始し,平成18年3月1日にはETCレーン(専用/混在レーン)の運用を開始しました。
 平成20年1月24日に東日本高速道路株式会社が管理する矢本石巻道路が償還完了により無料開放することとなったため,鳴瀬奥松島IC付近の本線上に料金所を設置する工事をⅤ期事業として平成18年11月に着手し,平成20年1月に一部を完成,平成20年3月に全部を完成しました 。

 平成27年3月30日に仙台松島道路Ⅵ期,Ⅶ期事業が完了し,全線4車線化しました。